はあとぎゃらりーけいじばん

絵、アニメ、日常、クルマ、時事ネタとか気ままに書きます。 ※管理人以外の親記事立てはご遠慮ください。レスはお気軽にどうぞ。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

アイドル声優 - ふぁい

2019/02/16 (Sat) 04:08:44

尾崎由香さん。
去年の秋にも尾崎由香さんの声が出なくなった件について真相がよくわからないと書きましたが、先月のけものフレンズ2の0話でそのへんのことにちょっと触れられていて、詳しくはわかりませんが、どうも心因性っぽい感じでした。
たしかにけものフレンズで一躍人気声優になってその後注目を浴びながらもいろいろ騒ぎもありましたから精神的なストレスも相当あったのだと思います。

で、その尾崎由香さんがまた世間を賑わせています。詳しいことはネットで調べればすぐわかると思うので書きませんが、ひとことで言えば「配慮に欠いた発言」でしょうね。ただ、これが尾崎由香さんの本音なのか、ある程度打ち合わせた上での発言なのかはわかりません。

私は声優さんがマルチタレントとして活躍することは悪くないと思うし、そもそも声優って職業ははじめは俳優さんの仕事の1ジャンルでもあったわけですので、声優だからといって歌ったり踊ったりあるいはドラマ等に出ちゃいけないなんてことはないと思ってます。ただ、純粋に声優を目指して声優になった人と、尾崎由香さんのようにもともとは子役の俳優から声優「も」するようになった人との間では少なからず意識にギャップがあることも事実でしょう。
たぶん、尾崎由香さんは今後の活動として声優にしばられないでいろんな芸能活動をしていきたいんじゃないかと思うのです。今回はそのへんがうまく言えなくてちょっとトゲのある言い方になってしまったのではないかという気もします。

いわゆるアイドル声優というのは今に始まったことではありませんが、私も気になる声優さんが生で出ている番組は見たいと思いますが、同時にファンとして知りたくなかったことも見たり聞いたりしてしまうリスクもあるので、事務所のほうも声優さんがこういうテレビ番組に出るときにはきちんと打ち合わせをしてファンに悪い印象を与えないようにしなきゃいかんですね。芸能人ってのは人気商売ですから、好感度がすべてと言っても言い過ぎではありませんし。

キャッシュレス - ふぁい

2019/02/10 (Sun) 06:17:07

消費税の10%への増税が間近ですが、ここにきてキャッシュレス決済の普及も見込んで政府はいろいろ考えているようです。

なんでもクレジットカードやその他の電子マネーで支払った場合には店側の判断で増税分の2%のポイントないし割引きも認めるとか。当然その分の店側の損失は国が補填するのでしょう。
でもこういうことをやってると一体なんのための増税なのかわからない。増税し税収を増やしたいのにこんな還元ばっかやってたら実質的に増税した意味がなくなってしまうのではないか?

それともうひとつ問題は支払い方法に「格差」が生まれてしまうことだ。承知の通りクレジットカードを持つには審査がいる。当然ながら諸般の事情によりクレジットカードを持てない人だっているわけで、そういう現金で支払う人はクレジットカードで支払う人より「高い買い物」を強制されてしまうわけで、これは納得できない。
かといって、他の支払い方法であるSuicaなどのプリペイドでは対応している店の数がクレジットカードより圧倒的に少ないわけで。

それで私は思うのだが、ご存知のようにクレジットカードで支払うと店側は売り上げの数%を手数料としてカード会社に支払う。今回のような国が主導してまるでクレジットカードを優遇するような方策はまさにクレジットカード会社を「儲けさせてやる」構図そのものであり、「国はクレジットカード会社とグルになってるんじゃないか?」と疑いたくなるのが自然というものだ。だいたい、本来ならカード支払いの場合は店の判断で逆に手数料の分の金額を上乗せして商品を販売してもおかしくないのに、それを認めないというのもおかしい。
もし国がもっと小さな店舗にまでカードを普及させたいのならば、カード会社の受け取る手数料にも言及し、小さな店の負担にならないレベルまで低減するよう働きかけるべきである。それをやらずしてカード支払いを促進させていこうというのでは、前述したように国とカード会社が裏で繋がっていると勘ぐられても仕方ないと思う。

とにかく、増税にかこつけてこういう支払い方法による格差を生むのには反対である。
このキャッシュレス社会についての私の見解はまた近々書きたいと思う。

モリワキ フォーサイト - ふぁい

2019/02/02 (Sat) 14:20:49

モトラを買ってちょうど2年が過ぎました。
買ってからの走行距離はたった600kmほどです。半径30kmくらいなら普段の移動はほとんど自転車を使ってますのであまり乗る機会がないんですよね。
もっとも、その他の理由に消耗パーツが入手しにくいのであまり走れないというのもありますが。ただ、車もバイクも乗らないと燃料系などに問題が出て動かなくなっちゃいますから、だいたい月に一度くらいは10km以上走ってコンディションを維持しています。
おかげで今でもだいたいキック1発で始動することが多いです。

さて、このモトラは基本的にオリジナル、つまりノーマル状態を維持することをポリシーにしていますので、見た目はいろいろカスタムしてますが、加工や面倒な装着はしてないので、いつでもフルノーマルに戻せるようにしています。手放すときには完全なノーマル状態にしておきたいですので。

で、2年になった今年ついにマフラー交換しました。モトラのノーマルマフラーというのも今ではかなりの貴重品で、オークションでも滅多に出ないのです。私は中古のノーマルマフラーを2本保管していますが、この車体についてきたノーマルマフラーも錆びて穴があいてしまうようなのは避けたいので、この純正マフラーを温存しておく意味で普段は社外品の適当なマフラーをつけておこうかと思ったからです。

ですが、ここで私の悪いクセが出てしまい「どうせつけるのなら80年代当時を思わせるものがいいなぁ」と頭に浮かんだのは当時流行った「モリワキ フォーサイト」マフラーです。
さっそく中古をオークションやフリマアプリ、実店舗でも探しましたが、なんとも数が少ない!当時あれだけたくさん見たのにいったいどこにいってしまったんだというほどないのです。しかも出ていてもとうぜん高い!
しばらく探してヤフオクで某250ccバイク用のフォーサイトが20000円で出ていたので落札、これのサイレンサー部のみを使い、エキパイはモンキー用の安いやつを別途落札して加工して合体させ装着しました。
サイレンサーは傷だらけでしたので可能な限り修正し、塗装も磨きも自分でやって当時と同じモリワキのステッカーを貼って完成しました。

80年代を思わせる組み合わせで自分的にはよくまとまったと思ってます。音もさほどうるさくないですし。ただ、このモリワキフォーサイト、今の若い人は知らない人が多いですね。

CGキャラ - ふぁい

2019/01/26 (Sat) 05:39:07

前回のアニメ作画に関連する話ですが、だいたい1クールでいわゆる作画崩壊するアニメはひとつやふたつはあるもので、前期ではいもいも、その前は音楽少女、さらにその前はメルヘンメドヘンあたりでした。
でも今期は少なくとも私が見ている限りではいわゆる作画崩壊と言えるほどの作品はないと思います。今のところは、という前提ですが。

でも今期でも五等分の花嫁やデート ア ライブIIIあたりでも「作画、作画」と騒いでるのがいる。なんかこういう「作画指摘厨」ってほんとウザいレベルになってきた感がある。

私に言わせればこの程度の作画の崩れはむしろ「味」であっていいと思う。人間が描いてるという安心感がある。
たとえば「ごちうさ」や「きんモザ」ももう一度見てみるといい。あれだってけっこう作画が微妙なカットがけっこうあるが、私の知る限り作画がどうこういうアンチはいなかったと思う。あ、ごちうさの4話はひとり作画で「いい意味で」いつものキャラデザでない作画が個性的で私はああいうのもいいんじゃないかと思う。

ほんのささいな作画の崩れでいちいち作画がどうこう騒ぐとそのうちアニメキャラはみんなCGになってしまいそうで、私としてはそっちのほうがずっと嫌だ。
前回も書いたがフルCGキャラは整いすぎててキモいし、生気が感じられないただのロボットにしか見えない。私はたとえ多少作画が不安定でも人間の手で描かれたキャラクターのほうが好きだ。
今期アニメのバンドリ2と荒野のコトブキ飛行隊はちょっと見るに耐えない。動きの激しいシーンなどではCGでもいいけど日常のシーンは手描きでやってほしい。

デジタルとアナログ - ふぁい

2019/01/19 (Sat) 00:38:23

今季アニメもスタートしましたが、今季気になっているのはとくにキャラクターの「CG作画とアナログ作画」です。
今まで日本のアニメーションは多くが手描き作画で、ライブシーンやバトルシーンなど動きの激しいパートだけをフルCGでというのがある種定番のパターンでした。
もちろんけものフレンズのように本編すべてフルCGというのもありますが、わりと簡略化された作品に限られていたわけで、これはこれで狙ってやっていた感がある。
一方、CG作画で定評のあるサンジゲンは早くからキャラクターのフルCGアニメに挑戦していて、アルペジオのような作品もあることにはある。

しかし今季、私が気になるのはバンドリ2期だ。これも制作はサンジゲンが担当している。
前述したアルペジオよりかなり技術的には向上していることは一目瞭然で、より一層手描き作画に近づいている。だが、それゆえより一層違和感があるのだ。
私も何がそんなに違和感なのかと何度も見ながら考えたが、まずは顔の表情。「表情があるのに感情がない」のだ。次に動き。これは以前から変わってないのだが、動きにメリハリがなく、まるで等速直線運動でもしてるかのようで動きに質量が感じられない。とくに腕の動きで違和感が顕著だ。

たとえば人間が腕を動かして何か物を掴もうとするとき、はじめは止まっている質量のある腕を動かすのでゆっくりと動き出す、次に中間域でもっとも速度が速くなり、掴もうとするものに手が近づくとまたゆっくりに減速する。このメリハリがないと想像以上に違和感を感じてしまうのだ。手描き作画のアニメーターはこれら何気ない動きにもこだわっている。
しかしCGの動きはほんと「機械的」だ。もちろん最終的には人間がマニュアルで補正はしているのだろうけどそれでも手描き作画には及ばない。滑らかではあるがメリハリがない動きだ。
アニメSHIROBAKOでよく「ケレン味」というワードが出てきたが、どうも激しいアクションシーンだけでなく日常の何気ない動作にもそういうケレン味のような若干オーバーなアクションがあったほうが動きにメリハリが出るもののようである。

それとCG顔で常に気になるアングルがある。それは下から見上げたときの、いわゆるアオリでの不自然さだ。なんか顎がなくなったように見えて気持ち悪い。これはたとえば今流行りのバーチャルYouTuberや他の作品のCG顔すべてに共通して言えることでなんとかならないものか。

結局、いくら作画崩壊がないとはいえ、フルCGでは人間味がなく、まるでロボットを見ているようだ。これが前述したけものフレンズのような、あるいはアルペジオの時代のようなまだ簡略化されたものならなんとか見れるが、今季のバンドリのようなより手描きに近くクオリティが上がれば上がるほどそのギャップに違和感が出てくるというのが私の結論である。

このことはアニメ以外でも現実のロボットを見てもみなさん感じるのではないだろうか。今のロボット工学は昔のいかにもロボットという外観から、まるで人間のコピーのような顔をもち、表情の変化までするものがあるが、ハッキリ言って気持ち悪い。感情を持たない表情というのはほんと違和感しか感じないのだ。これが現在のフルCGアニメにもそのまま当てはまる。

前クールでは「いもいも」が作画崩壊で話題になったが、私はたとえ作画崩壊があってもフルCGよりは人間が手描きで描いた絵のほうが好きだ。今期アニメでは「ぱすてるメモリーズ」の作画が好き。美少女キャラでありながら整いすぎていないところがいい。

あかんこく - ふぁい

2019/01/12 (Sat) 01:05:10

例の韓国軍艦が自衛隊機にレーダー照射した問題。
もう韓国の主張は支離滅裂で、見ていてかわいそうになるくらいです。言ってみれば最初についた嘘をいまさら謝ることもできない状態になって次から次へと根拠のない言い訳でのらりくらりと矛先を変えながら逃げ回ってる状態。抜いた刀をさやに収めることができなくてどうしていいかわかなくなっちゃったのでしょう。かと言って今さら公に嘘を認めると今度は国内から袋叩きにあって下手すりゃ政権がひっくり返る事態になりますしね。
しかし言うに事欠いて「日本はもっと謙虚になるべき」って、笑わせんな以前にもう呆れる。韓国に謙虚なんて言葉があったのかと思うほど。これだけ図々しいことをしておきながら他国に謙虚さを求める資格があるのかと。私は個人的に韓国には「謙虚」「約束」「恥」という言葉はないのではないかと思ってます。

まぁ、日本の主張は完璧なのでこれ以上いじめて泣きべそかかせてもみじめなので、そろそろ大人の対応で許してあげてあとは水面下の協議で手打ちにしてあげてもいいんじゃないでしょうか。

さて、ここからが本題ですが、今回日本があえてYouTubeを使って「世界中に」映像公開した真の目的は実は違うところにあるんじゃないかと私は思ってます。あのときあの海域で韓国の軍艦が北朝鮮の船といったい何をしていたのでしょう?たぶん自衛隊は今回のような事案を何度も目撃しているのではないかと。でもしかるべき根拠がなく勝手に映像公開してしまったらそれこそただの雑誌のスキャンダル記事みたいになってしまうため国内はもちろん海外にもその実態を知らせることは難しい。

しかし今回、韓国がレーダー照射というミスをやってくれたため、これを口実に映像を世界中にに公開することで、韓国の軍艦と北朝鮮の船との繋がりの実態を国内外に知らせることができたわけです。自衛隊および防衛省の真の狙いはここにあったんじゃないかという気がしてなりません。

平成最後の謹賀新年 - ふぁい

2019/01/02 (Wed) 15:09:47

いよいよ平成最後の年ですね。今年もよろしくお願いします。

はっきり言って平成時代は日本が落ちていく一方のイメージで、私はあまりいい思い出がありません。バブル崩壊はもちろん、阪神大震災、東日本大震災をはじめとした大きな地震が多発したような気がします。去年の「今年の漢字」は「災」でしたが、平成を通じてこれに当てはまるような気がするくらいです。

政府は現在は好景気で昨年冬のボーナスも史上最高とかいって喜んでいますが、私には、また、私の周りでもそんなこと実感している人は皆無です。景気がいいのは一部の「上流階級」いわゆる勝ち組の人たちだけですよね。ほんとに格差社会になったんだなとそればかりを痛感します。バブルのときは国民のほとんどがその恩恵を受けた気がしますので、ほんと寒い時代になったものだと思います。

新しい時代がどのようになるのかわかりませんが、今の安倍政権が続く限りこの格差はどのんどん広がっていくだけでしょうね。それでも私のような社会の底辺は這いつくばってでも生きていかなければなりませんが。今や周りはどこの国かわからないような外国人ばかりになってきたし今のままなら正直もう生きていく上でこの国に希望なんてありません。フランスじゃないけど暴動でも起こそうかな。

人を裁くということ - ふぁい

2018/12/22 (Sat) 02:07:05

東名高速で煽り運転の末、停車させて後方からきたトラックに跳ねられ2名が亡くなった事故…というか事件について。

一審での判決は危険運転致死傷罪適用の懲役18年とか。まぁ、これは裁判員裁判ですから、言ってみれば素人が出した稚拙な判決としか言いようがない。一審の裁判官もレベルが低いのが多いですし。私は高裁および最高裁ではまったく違った判断がなされることを希望します。

そもそもこの裁判はあまりに強引すぎる。検察もそのことをわかっていて、危険運転致死傷罪が適用されなかったときのために「滑り止め」で監禁致死および暴行罪でも同時に起訴していた。

ここからは私の個人的な見解ですが、まず危険運転致死傷罪で裁くには無理がありすぎる。この事故はなぜか因果関係という名のもとにストーリーが作られ、2名の死亡まですべて被告の罪にされてしまっている。これはおかしい。
この事故は大きく2つに分けて考える必要がある。被告がおこなったのは走行中後ろから煽ってさらに停車させたまでだ。つまり「殺してはいない」。この2名を実際に殺したのはそのあと走ってきたトラックだ。

つまり被告が罪に問われるのは煽って停車させるまでで、ここまでならいっても暴行罪でしかない。少なくとも「致死罪」が適用されるわけがない。
致死罪に問われるのは後方から走ってきたトラックの運転手だ。私も事故については報道されている範囲でしか知らないけど、停車させてからトラックが突っ込んでくるまでに約2分の時間があり、その間に何台も車は通過しているとのこと。
つまり、他の車は避けているのにこのトラックだけが突っ込んできたということは、このトラックの運転手の前方不注意か速度超過の可能性が高いわけで、この2名が亡くなった直接的な要因はこのトラック運転手にあると考えるのが自然だ。

それなのにこの2つの事象をひとつにまとめ、すべての罪をこの被告1人に被せるというのはあまりに乱暴で法治国家として許されないものと考える。しかも危険運転致死傷罪を適用するという暴挙だ。拡大解釈にしてもあまりに逸脱しすぎている。もしこれがこのまま確定判決となってしまったら「感情優先」で理性も知性もない野蛮なものであり、法治国家、文明国家として恥ずべき判決である。悪しき判例どころの騒ぎではない。

私も人間であるから被告を重罪にしたい気持ちはある。だがこの国は法治国家だ。現在ある法で裁けないからといって強引なやりかたで犯罪者を作り上げるのは許されないことである。今後、控訴および上告までいくと思うが、きちんとした判断を期待したい。

ペイペイ - ふぁい

2018/12/14 (Fri) 23:48:53

PayPay使ってみました。なにしろ20%還元っていうのですから、大きな買い物でなくても普段のコンビニとかで1回数百円や1000円程度の支払いでも積もれば結構な還元が得られる。
幸い私はコンビニはほとんどファミマを使うので、Tポイントと合わせ技で恩恵が得られるので大きいのだ。最終的に最初の500円と合わせて2千円ちょっとだけ貯まった。

本当なら今ある程度の金額のもので欲しいのは新しいiPadでしたが、ビックカメラは早々に20%還元の割り当てが終わってしまったらしいし。ヤマダ電機もあったけど結局行きそびれた。本当ならヨドバシで使えたらいちばんだったけれど。

結局本来は来年の3月まで期間を設けておきながら、たった10日ほどで100億円はあっという間におわってしまいました。問題はこのキャンペーンが終わったあとどのくらいPayPayユーザーが残るかというところですね。聞いた話だとこのキャンペーン終了後は0.5%還元とTポイントと同じ還元率になるらしいですが、普段はそれでおこなって、年に一回とか今回のような太っ腹なキャンペーンをテコ入れでやればユーザー離れは防げるかもしれません。あといちばん重要なのは使える店をどれだけ増やせるかでしょうね。

私ももうこのキャンペーン終わったから今後はまた普通にクレジット支払いのみになるだろうな。正直PayPay使うのにいちいちiPhoneを取り出して画面をつけてアプリ起動させるのってめんどいです。クレジットカード出す方が早い。

日本人として - ふぁい URL

2018/12/08 (Sat) 07:51:56

本日12月8日。我が国の歴史上とても重要な日である。
賛否両論あるだろうが歴史に正しいも間違いもない。すべてが繋がって今がある。
ただひとつ、祖国の未来を信じて戦った英雄の方々には敬意を表したい。

期せずして本日、改正入国管理法が成立した。今後はさらに外国人が増えることになるであろう。
私の周りにもどこの国かわからない外国人が増えていることに違和感を感じている。
だからこそ日本人として気を引き締めていきたい。

この国は我々の国である。その気持ちを示すため本日私は旭日旗を掲げる。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.